安全な美容整形術

女性

厚生労働省も認めている

ボトックスという治療方法が日本で広まったのは2009年に厚生労働省が副作用等がないと安全性を認めてからです。今や美容医療業界では人気の治療方法として、多くのクリニックで受ける事ができます。ボトックス治療は、ボツリヌストキシンと言うたんぱく質を気になる部位に注入するだけです。このボツリヌストキシンは美容医療に転用される前から医療現場で顔面麻痺の治療薬として使用されていました。臨床データも豊富で、世界中で副作用の報告はない程安全性が確立されています。厚生労働省が認めているボツリヌストキシンは、アメリカのアラガン社製のみです。これを正規品と呼称していますが、特許が切れているのでジェネリックも製造されています。クリニックによっては正規品以外にジェネリックも取り扱っている所もあります。ジェネリックは同一成分で同効果でありながら、費用は正規品の半額以下なので費用面で迷っている方に選択の価値は高いです。正規品は臨床データが多い事や世界70ヵ国で認められているといった信頼性が高く、そういった背景から高くなります。各クリニックで取り扱っているジェネリックボツリヌストキシンも、クリニックが安全性を確かめており信頼できます。どちらを選ぶかは事前に行われるカウンセリングで説明を受けて納得した上で自由に選択する事ができます。ボトックス治療は美容クリニックで受ける事ができます。保険適応でも受けられますが、この場合は顔面麻痺等の治療目的であり、美容目的の場合は保険適応外で美容クリニックで受ける事になります。美容整形は以前よりありましたが、希望を叶える為には手術という手法が主でした。また受ける事で効果は永久的になり、その事から一歩踏み出しにくい面もありました。しかし新しく登場したボトックス治療は手術の必要がなく注射するだけという手軽な内容で希望をかなえる事ができる様になりました。また効果は平均で半年程なので、元に戻せます。この事が美容整形を受けたくても迷う要因を払い、受けやすくなったと言えます。小顔やしわ改善効果が副作用なく安全に得られるのですが、このボトックスの活用範囲は広くワキガや多汗症改善にも活かされています。当然同じボツリヌストキシンを注入するので、副作用の心配はありません。受ける事で希望は叶えられるが一生ものの効果である事に迷っていた方や、手術に恐怖を感じていた方に受けやすくなった美容整形術がボトックス治療です。現在ではプチ整形と呼ばれ、全国各地にある美容クリニックで受けられます。副作用がない事以外に医師が入念に説明し施術するので安心です。

男性医師

若返りや小顔にも効果アリ

注射するだけで顔が小さくなったり、脚痩せや多汗症にも効果を発揮するボトックス注射。医療用に開発された背景から副作用が少なく、繰り返し注射すると効果が定着することもありコスパも高い整形といえるでしょう。

詳しく見る

注射

受ける前に覚えておこう

ボトックスは、費用の変化が大きい整形です。使う薬品のほか、諸費用や失敗時の対応など、費用が上がる要因が少なからずあります。ボトックスを受けた後は、経過観察をしましょう。危険な副作用はなくても、治療部位や体質による違和感の確認が必要です。

詳しく見る

ボディ

良質な治療を受けるため

ボトックス治療は皮膚を切らない美容整形として人気を集めています。注射だけで出血や大きなダウンタイムもなく、気軽に受けることができます。良質な治療を受けるために、副作用に対してのケアが行き届いているクリニックを選びましょう。

詳しく見る

女医

術前の確認と術後の行動

ボトックス治療は注射によって行われる美容整形で、薬品を使用します。そのため副作用が現れることが多く、事前に医師の注意を聞いて術後の体調不良に備えるとストレス軽減に繋がります。薬品は液体ですので、術後薬品が散らないように注意しましょう。

詳しく見る